手汗治療プログラム(SCM)~手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法~

手汗治療・管理者

手汗治療・サイト管理者


こんにちは! 提携責任者の小笹です。


「手汗」をかくことはごく普通の生理現象です。

誰だって試験や面接で、自分の掌(てのひら)がじっとり汗ばんでいたなんて経験をしたことがあるでしょう。


しかし「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」の人は
じっとりと汗ばんだりはしません。


手から汗が滴り落ちるのです。


これは決して比喩でも誇張でもなく、
重度の『手掌多汗症』の方の場合、文字通り
握った掌からポタポタと垂れてくるんです、汗が。



日常生活においては、タオル無しにはおれないのです。


本人にとっては本当に辛いこの症状ですが
「手汗」の悩みに対する理解は一般に浸透しておらず、

「たかが手汗」と軽んじられるだけに
『手掌多汗症』は当事者にとってより深刻な悩みとなっています。


そして更に深刻なのは、
この症状を改善する有効な治療法が確立されていないということです。


『手掌多汗症』の有効な改善手段とされているものに、
内視鏡と電気メスで脇の下の交感神経を切除するETS手術
というものがありますが、この手術をすると別の部位から
異常発汗する「代償性発汗」という副作用がみられ、
新たな問題となっているのです。


1日も早く解決したい。



・・・でも手術には「代償性発汗」の危険が伴い、
確実に治るかどうかもわからない。



・・・恋人や家族にスキンシップもできない。



現在、全国で60万人の人が『手掌多汗症』に悩みながら
途方もなく不安な毎日を過ごしています。


また、『手掌多汗症』と呼ぶほどではないが、
手汗をかきやすくて困っているという人は、
我々のまわりにも友人・知人の中に必ず1人か2人はいるもの。



「手汗」は案外身近で、多くの人が抱えている悩みでもあるのです。


これからご案内する<手汗治療プログラムSCM>は、

「副作用の心配のあるETS手術に頼らなくとも『手掌多汗症』を改善できる」

「手汗の悩みにどう対応すればよいのかがわかり、効果的な治療法がわかる」

ということ。

そして何より、この商材は、
著者自らが長年『手掌多汗症』に悩んできたのです。

そして、見事完全克服。


この商材を通じて、1人でも多くの「手汗」に悩む方の

お力添えになれればと思い、作者と提携しこのサイトを立上げました。



もし、あなた自身、ご家族、ご友人などに「手汗」に悩む方がおみえでしたらこのサイトをご覧ください。きっとお役に立てると思います。

>>手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法




a:1474 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析